3粒のブルーベリー

サプリの多くは継続して摂取することで効果を初めて期待できます。
そのため1日あたりの単価について敏感な人が多く、それは正しい判断です。
ブルーベリーの健康サプリについても同様で、まず価格を判断する上で重要となるのが1日あたりの単価となります。

しかし単価が低いなら良いサプリかというとそうではありません。
大事なのは適切な単価でかつ有効な成分が多く含まれているサプリを選ぶことになります。
成分として着目したいのはまず何よりもアントシアニンです。
アントシアニンは見る力サポートしてくれる成分であり、目の疲労軽減や防止などが期待できます。
また酸化防止の働きもあるため、老化を防ぐアンチエイジング効果が期待できるところも嬉しい点です。

サプリ選びに際してはまずこのアントシアニンの含有量から1日あたりの摂取量がどれくらいになるのかを計算しておくのが重要で、その上で価格を判断します。

ブルーベリーの健康サプリはこれ以外にもその産地や品種によっても変わってきます。
例えば北欧産の品種にはビルベリーと呼ばれるものがあり、アントシアニンの含有量が非常に高いことで知られています。
このため高い効果が期待できるとあって、ビルベリーが使われたサプリは価格も高めとなります。

健康サプリとしてブルーベリーが普及するまでの歴史と変遷


今でこそ多くの人が目の疲労回復や防止のため、あるいは老化防止などを目的で積極的にブルーベリーの健康サプリを摂取しています。
しかしサプリとして普及するまでには長い歴史も存在します。

現在は栽培種が世界各地で育てられており、サプリだけでなく食品としても活用されていますが、もともとは自然にのみ群生する種です。
北米において群生していた種であり、古くから保存食などとして果実が食されてきましたが今から100年ほど前から栽培を試みるようになります。

北米において栽培が成功すると、世界の各地でも同様に栽培を試みるようになり、各地で栽培種が定着して一部は野生種としても定着します。
その果実は小さいながらも甘みもあり美味なため食品に多く利用され、生食からジャムなどの加工品に至るまで利用されています。

古くから経験的に目の疲労回復などの効果が知られており、時代が進むにつれて研究によってその有効成分としてアントシアニンやルテインが含まれていることが判明します。
このような歴史を経てブルーベリーは健康サプリとしても着目されるようになり、世界中で販売されるようになります。

日本では特に手軽に経口摂取できるための粒状やカプセル状のサプリが多く販売されているのが特徴です。

オススメリンク

ブルーベリーの効能はこちらで詳しくわかります『ブルーベリーサプリNo.1目利きナビ』

ふきんの上のブルーベリー

品種が多い

一口にブルーベリーと言っても、実は数多くの品種が存在しており、その数は300種に及びます。
これらの品種はそれぞれ有効成分の含有量も違ってくるので、健康サプリの購入時にはこの含有量について知っておくのが有益です。
特に眼精疲労をはじめ、老化防止や病気予防などの効果も期待でき…Read more

関連リンク

BACK TO TOP